山のお手入れ

木材販売

森林保険

緑の雇用

お問い合わせ

>
森林保険のご案内

森林保険のご案内

森林保険とは?

森林保険は「森林保険法」(昭和12年法律第25号)等に基づき、森林所有者を被保険者として、森林についての火災、気象災、噴火災による損害を総合的に補償するものです。森林所有者が自ら災害に備える唯一のセーフティネットです。

 

 

保険金のお支払例

 

台風による水害で47年生の杉が流された場合

契約面積:7.96ha
実損面積:0.98ha
保険料:61,013円/年(ha当たり換算7,665円)

お支払した保険料:3,028,200円
(ha当たり換算3,090,000円)

 

 

 

25年生の杉が雪害で折損した場合

契約面積:3.15ha
実損面積:1.14ha
保険料:13,372円/年(ha当たり換算4,245円)

お支払した保険料:1,641,600円
(ha当たり換算1,440,000円)

 

 

 

 保険金のお支払ができないケース

 保険金を受け取れない場合
  • 倒木起こし等復旧可能な損害。
  • 補植等の必要もなく成林に支障のない程度の軽微な損害。
  • 立木の枯損の主たる原因が適地適木の誤りや苗木、植付けの不良等、明らかに造林技術上の欠陥又は病虫・獣害等によるものと認められる損害。
  • 新植後おおむね6か月(秋植えにあっては、おおむね1か年)を経過するまでの間に活着不良等により通常生じる枯損による損害。

 

保険金が支払われない場合
  • 損害が被保険者又は保険契約者の故意又は重大な過失によって生じたとき。
  • 損害発生の通知を怠ったとき。損害発生日から3年を越えると時効になります。 (平成22年3月31日以前の契約は2年)
  • 損害が戦争、変乱又は地震によって生じたとき。
  • お支払いすべき金額が4,000円未満のとき。

 

森林保険パンフレット

下記よりパンフレットのダウンロードができます。

 

森林保険パンフレット(PDF)