ご挨拶                  広島県森林組合連合会 代表理事会長 小林秀矩

 本県では、戦後造林された人工林の多くが本格的な利用期を迎える中、この豊富な森林資源を有効活用し、計画的な再造林を進めることにより、林業の成長産業化とこれによる地方創生を実現していくことが大きな課題となっております。

このような状況を踏まえ、森林組合系統では、県の「意欲と能力のある林業経営者」の登録を受け、林業の成長産業化と森林資源の適切な管理を両立させるため、、市町と連携し所有者自らが管理を行わない森林の集積・集約化に向けた意向確認調査等を行うなど「新たな森林経営管理システム」の取組を始めました。

この新制度の開始により、自然的条件等が不利な森林や所有者不明森林も含めた適切な森林の管理や、市町への技術支援や共同実施に向けた連携強化を図るため、この制度の推進に積極的に取り組んでまいります。

本会は、その一環として、昨年、県からの支援を受け「新たな森林経営管理制度」の牽引役である市町職員の施策展開に向けた体制整備のための研修支援業務に取り組みとともに、全国初となる「林業に係る無料職業紹介所」を開設し、林業に従事する人材の確保育成と定着率の向上を目的とした取り組みも始めました。

また、県において進められている「2020広島県農林水産業チャレンジプラン」の実行計画である「アクションプログラム(第Ⅱ期)」につきましても「産業として自立できる農林水産業の確立」の成果達成に向けて、森林組合系統も県と連携して努めて参ります。

  私も皆様の先頭に立って連合会の役割と責任を十分果たし、地域の発展・林業関係者の発展に資することができるよう取り組んで参りますので、引き続き関係する皆様のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

新着情報

広島県森林組合連合会内に事務所を構えております。各種講習会等